手話が初心者レベルの人で、手話のよみとりが上手くできない人でも
ごく自然に手話を使って自然にコミュニケーションが取れるようになったのです。

手話は何も難しいものではありません。
手話をマスターする事はちょっとしたコツさえつかめばどんどん上達する事が出来るのです。

手話を3級レベルまで上達した人は一体何をしたのでしょう?

その秘訣をこのページでお伝えしていきますので、
ほんの5分だけこの手紙を読んでみてください。


谷先生が左利きとは知らず、DVDをみて
「手話って鏡なんだ〜!!!」と思って見ていました。

だからかとても真似しやすく覚えやすかったです。

単語ひとつひとつの説明もとてもわかりやすくて
「手話には利き手は関係ないんだ!!!」と思いました。

DVD1枚目は初心者の私でもすんなり頭に入りましたが、2枚目は単語も増えて
やはり難しく感じましたがパピプペポとか覚えたら更に楽しく手話が出来るだろうと思い
せっかくなので手話検定を目指して頑張ろうと思いました。

私たちの住む町や地域にも手話サークルなどがあるので行ってみて手話の勉強や
聞こえない人と交流をしてみたいと思いました!!!
単語の意味や語源を詳しく解説していただいたので、
初めて見た単語もすぐに覚えることができました。

また、先生達の表情がとても豊かで、手話は手だけでなく
表情も使って表現するのだと改めて実感させられました。

チャプターが進み、新しい知識が増えるたびに嬉しく、
もっと知りたい、覚えた手話を使いたいと思いました。

これからもDVDを観て学習したり、
手話で会話したりして、少しずつレベルアップしていきたいです。

NHKの手話講座や本、最近だと手話教室も色んな所で
行っているので、もしかしたら私の事を知ってる人も
いるかもしれませんね。

・NPO手話技能検定協会理事長
・日本社会事業大学非常勤講師
・手話通訳士


《メディア経歴&教本》
 谷 千春(たに ちはる)
 NHK手話ニュースキャスター
 手話講座の講師役
 わかりやすい解説が人気を集める。
 英語手話も得意としていて、数々の国際会議でも手話通訳者として活動。


《雑誌&教本》

■旬報社    「手話ボランティア入門」
■新星出版社  「実用手話ハンドブック」
■梧桐書院   「すぐに使えるわかりやすい手話」
■講談社    「親子ではじめよう!はじめての手話ブック」
■日本文芸社  「すぐに使える手話基本単語辞典 」
■主婦の友社  「はじめての手話―見るだけで、すぐに覚えられる」
■主婦の友社  「ゼロからわかる手話入門―手の動きがすぐにマネできる」
■梧桐書院   「手話単語カードBOOK―みるみる上達!スイスイおぼえる!」
■ナツメ社   「谷千春のよくわかる手話」
■梧桐書院   「覚えやすい手話」
■大泉書店   「すぐ使える手話デート編」
■ポプラ社   「こども手話じてんセット」
■永岡書店   「見ておぼえるやさしい手話」
■池田書店   「コンパクト手話辞典」

ここに載せたのはほんの一部ですが、今まで30本以上の本を出版してきました。
実は、私がこのサイトを立ち上げた理由は単純なことなんです。

手話は本当は楽しいものなのに、難しいと思い込んで、
初めの一歩が出ない方があまりに多いんです。

「そうだけど、そんなすぐに出来るようになるなら苦労しないよ・・・」
という声が聞こえてきそうですが、実はそんな事は無いんです。

手話に出会って34年。

今まで10,000人以上に教えてきた中で、
「手話が出来るようになりました!」
「耳の聞こえない人達との接客でこんなに役立つなんて!」

と喜びの声を沢山頂いてきました。

中には、もっともっと手話が上手くなりたい!と言う人も出てきて、
検定を受けたり通訳士の資格を取る為に頑張っている人も沢山います。

ところがその一方で、第一歩踏み出しても
「手話を続けて行く自信がなくなりました・・・」
と悩む人がいるのも事実です。

「手話を覚えるのも遅いし、中々まとまった時間も取れない・・・」

こんな風に悩んでしまうのです。
これはすごく勿体ない事です。

こんな悩みを聞いていくうちに何とかして悩みをなくす事が出来ないかなと、
考えるようになりました。

一人でも多くの人に手話の面白さや耳の聞こえない人のとコミュニケーションを
取る楽しみを知ってもらいたい!


そんな思いから、私はどうやったら楽しみながら手話が出来るようになるかを
毎日考えるようになったのです。

手話講習会やサークルで耳の聞こえない人から聞こえる人まで
沢山の教え子の生徒さんから色んな意見を聞きました。

一体どうやったら3級レベルの手話を使いこなせるだろう?
どうすれば日常的に難なく手話が出来るようになるだろう?

徹底的に色んな手話の本を読んだりして研究しました。

その研究も数年間が過ぎようとした、
ある日の手話入門の講義で教えていた時の事です。

私はふと“あること”に気がつきました。

「これなら手話をやった事がない人でもイヤにならず一直線に上達出来る!」

私はこの方法を早速試してみたいと思い、
まだ経験の浅い生徒さん数人に協力して貰う事にしました。

すると・・・
手話レベル6、7級レベルだった生徒さん達が、仕事場やサークルで楽しみながら
手話を使えるようになったのです。
耳の聞こえない人たちとどんどんコミュニケーションも取れて、
すらすら読み取れるようになったのです。

私は、この方法が初心者さんから中級者へステップする最善の方法だと確信し、
その方法で手話をさらに上達させていきたい人向けに教えるようになりました。

その後は沢山の方から、
「手話を学ぶ事がこんなに楽しかったなんて!」
「仕事でこんなに役立つならもっと早くやっておけば良かった・・」
と、嬉しい声を続々と貰えるまでになりました。

手話を全く使った事がない人でも、普通に会話で話しているかのように
スムーズに手話でお話ができるようになったのです。

日本全国で手話を教えている私がいうのもおかしな事かと思います。

でも、教室やサークルに入ったはいいけど、手話が中々上達しない人もいます。

その1つは、手話サークルで飛び交う手話は初心者には早すぎてついていけない、という理由です。
また、特に耳の聞こえない人たちは健聴者より手話のスピードが速い様に感じます。

そんな中で、最初から入っていくとなんだか難しすぎてイヤになってしまうのが想像出来ますね。

せっかく手話で色んな人とコミュニケーションしようと情熱があったのに、
こういう理由で挫折してしまうのはあまりに勿体ない事です。

少し手話ができるようになって折角ここからだという時に
諦めてしまうことは本当に勿体無いことです。

最低限の手話で満足してしまって、
結局は中途半端な手話になってしまう可能性もあります。

また、自分で本を使って学習するにも初心者から中級者に上がる段階では問題があります。

それは、初心者から中級者に上がる段階の手話の教材や本の種類が
あまりに少ないということです。



初心者向けの本はたくさんありますが、中級者向けとなるととても少ないのが現状です。

また、中級者向けの本は書店などでも売っていますけれど、
やはりこの段階になってくると動作を実際にあなたの目で見ないと分かりづらいでしょう。

手話は手や顔の表情を動かして伝えていくものですから、
動きがあった方が間違いもなく正確に覚えやすいからです。

習うより慣れが大事というように一番は手話サークルに入って耳の聞こえない人を相手に
実際にやってみるのが一番かと思います。

ですが、時間が取れない場合やイキナリはちょっと。。。
という場合は少し難しいかもしれません。

でも、実はそういう場合でも手話が上達できる方法があるんです。

手話で耳の不自由な人に接客を楽しそうにしている人、
話した言葉を同時に通訳出来る人、外国の耳の不自由な人とコミュニケーション取れる人。

このような人達には共通点があります。

それは、自宅で手話を楽しみながら継続学習しているということです。

頭で覚えただけや見たただけでは手話が出来るようになりません。

自然に手話が出来るようになるまで、実際に繰り返し手話をやってみてこそ
スムーズに手話が出来るようになるのです。

この点は初級の段階でもそうですが、
中級にステップアップする場合は更に重要になってきます。


体からスラスラ自然に手話が出てくるようになるには
「正しい手話の学び方」をしっかりやっていくのが上達への近道です。

手話をマスターする人は家で自主学習をしています。
でも一人自己流で学習するのは間違って覚えてしまう可能性があるので危険です。

またさっきも言った通り、本で見て学習するのもあまりおすすめはしません。
手話は実際に自分がやってみて、始めて身に付いていくものですからね。

「じゃあ、一体何で学習すればいいの?」

という声が聞こえてきそうですが、そんな時は動画で見れるDVDをおすすめします。

DVDなら自分が納得するまで何度も見られ、自分のペースで学習する事が出来るからです。

いきなり、手話交流会に行くのも良いかもしれませんが、動きが早くて何の手話か分からない。。。

なんてことにもなりかねません。

そういった面でもDVDでの自宅学習は最適なんです。

もしかするとあなたは手話のDVDや動画を見た事があるかもしれませんね。

手話のDVDを見ると分かりますが、動きが早すぎて付いていけないというのが
ほとんどかと思います。

また、難聴者の方向けに手話は行うものですから、
ろう者の人にとってどういう風に見えるのか?というのも大事になってきます。

たいていDVDは健聴者しか出ていなかったりするので、手話のバリエーションにも
偏りが出てしまうのです。

つまり、手話は耳の不自由な人に使うものなのに、健聴者の向けに作られたもののように
なってしまうのです。

さらに言うと、市販のDVDは、初心者から中級者へステップアップする段階の手話は
ほとんど販売されていません。

出ているとしても、すでに上級レベルの手話の知識がある人でないと、
同じようにスラスラ手話が出来るようになるのは正直難しいです。

これではステップアップするどころか、
挫折の元になってしまいかねません。


手話は本来、背景知識があって単語も覚えられるようになるものですが、
これがないと断片的にしか手話が出来ないようになり、到底、実践出来ないものに
なってしまいます。

手話初心者さんでも日常手話を中級レベルまで一気にマスターする為には
どうしたらいいのか?

本来なら1対1で教えてあげるのが一番なのですが、残念ながら色々な所で
毎日教えて回っている為、正直出来そうにありません。

そして、どうしても関東圏のみで活動している為、東北や九州地方の方が
受けたくても受けれないのが現状です。

日本全国から私の授業に出席してくれている人もいますが、
遠くに住んでらっしゃる方は頻繁にも来れないでしょう。

私の教室に来れない人にもどうにかして、手話の楽しさを知ってもらいたい。
一人でも多くの人達に手話を使って楽しく会話してほしい。

そのお役に立てたら・・・と思って、遠くに住んでいても自宅で私のレッスンを
受けられるように中級者にステップアップ向けのDVDを作成しました。

もちろん、今までのようなDVDを作ったのでは意味がありません。
初心者でも分かりやすく、実際の色んな生活シーンでも使えるようなものに焦点を
当てて作成しました。

このDVDは、
「手話初心者でも、最短で3級レベルまで上達する為にはどうすればいいのか?」
という視点から作成したものです。

あなたが初心者の場合でもゆっくりと一つ一つ解説して行きますので、
楽しく手話を学んでいく事が出来るはずです。

大まかに次の3ステップで進めていきます。



この3ステップを行う事によって、覚えているという感覚ではなく遊びながら
覚えるような感覚になるので、自然に手話が身についていきます。

手話をある程度できる人はちょっと丁寧すぎるかな?と思う事もあるかもしれません。

ですが語源や解説によって、より深いレベルで手話が理解出来るという事でもあるんです。

この他にも、実際に会話調で難聴者の方2人に協力してもらって、
私とのデュエットや三人での会話などもあるので、そのまま日常で使えるもの
になっています。

その他にも色々なアイディアを盛り込んで、今までの通信教材には無い
とても満足出来るものが仕上がったと思っています。

これまで30本以上の本や教材を出版してきましたが、
それらとは一味違ったものに完成しています。

では、そのDVDを少しだけ紹介しますね。

手話で一番使うことと言ったら「あいさつ」ですね。
そこで、色々なあいさつのやり方から応用まで使える手話表現を収録しました。
耳の不自由な人に会ったらこれに収録されているものを活用して気軽に話しかけて
見て下さいね。


先生や本から教わった手話と難聴者が使う手話は少し違っている場合があります。
これはどうしてなのでしょう?その理由を解説します。


手話は関東と関西でも大分表現の違いがあったりします。
ですが、安心して下さい。
押さえるべき部分をしっかり伝わりますし、読み取りも出きますのでポイントさえ
つかめば戸惑うことはありません。


動作をあらわす手話もよく使いますね。
そこで、基本的な「行く」や「来る」などから過去形まで今すぐ使える手話を
収録しましたので、実際の会話で取り入れてみてくださいね。


こちらでは自ら難聴者でもありながら学校で実際に手話指導している臼井さんから
「新潟」について解説してもらっています。
ある程度ゆっくりですが、色々な話が出てくるので読み取りのレベルも上がります。
楽しみながらリアルな手話を覚えていくことができるはずです。


手話にも過去形の使い方がありますが「〜しました」と言う基本形から、
ちょっと高度な応用表現まで収録しました。
これで耳の不自由な人達と昨日の会話や昔話など色々コミュニケーションも
取れるようになるでしょう。


食べ物にも色んな固有の名前がありますが、そういう場合はどうあらわせば
いいのか迷いませんか?
この講座では「昨日、〜バーガーを食べました。」というようなものから、
初心者でもわかりやすいように語源から解説しているのでスーッと頭に入りますよ。


コミュニケーションを取る時に、これらの手話表現は必要になってきます。
これらを使って、過去の話などしてみると会話にバリエーションが出てきて
手話も楽しくなるでしょう。


手話のあらわし方は手だけではありません。
口の形も重要になってきます。そこで疑問の時はどんな口の形をするのか?
より伝わりやすい秘訣をお教えします。


手話を始めたばかりの人で読み取りが苦手という人が多いです。
読み取りをパパっと瞬時に理解できる人にはある共通点があったのです。
その秘訣をお教えします。


手話にも単語のつなぎ方と間のとり方というものがあります。
そこでここではそのポイントとなる部分や相手に伝わりやすくするための方法を
お伝えします。


手話は手での表現だけではなくて口の形や表情も同じように大事な部分になります。
ここでは、その口の形や表情をどう表現すればいいのか、私の経験から生み出された
メソッドをお伝えしようと思います。


手話が伝わらない人は”ある部分”が欠けています。
そのある部分が欠けていると、本来の手話表現は合っているのに中々伝わらない…。
なんてことにもなってしまいかねません。


手話にも方言があります。
それぞれの地域によってあらわし方も異なってきますので、ここではそれぞれの
地域ごとの手話の特徴も楽しみながらお伝えしようと思います。


耳の不自由な人から道を聞かれた時にこたえられる様になるためにもこの表現は
必ず覚えておきたいところです。
これであなたも難聴者から道を聞かれた時にとっさに答えられるようになるでしょう。

これらの内容はDVDのほんの一部です。
他にも、ちょっとした手話上達のコツなど沢山収録されています。
これらの事さえ分かってしまえば「手話って難しそう・・・」という不安はなくなり
手話が自然に出てくる感覚になってくるでしょう。

自由に使えて、自由にコミュニケーションが取れるようになるんです。

手話を上達する事によって、仕事や社会貢献ができるということは、
とっても素晴らしい事です。

想像してみてください。

手話が出来る事によって色んな人たちと楽しく会話が出来ると言う喜びを。

手話がどんどん上達する人は
上でお伝えした内容をすでに実践しているんです。

お伝えした内容をちゃんと実践している方は、
知らないうちに手話の力もついてしまっているのです。

つまり、このDVDの知識さえあれば、中級手話をマスターする事が出来きて
早すぎて手話が読み取れない…ということもなくなるのです。

あなたも、この方法を続けていくうちに
「あれ?なんだか手話が出来るようになってきた!」
と実感する事でしょう。

はい。正直に告白すると、このDVDは25,000円で販売する予定でした。

なぜかと言うと、手話教室は1ヶ月で大体25,000円程するからです。
手話教室の場合は1ヶ月間受けたらそれっきり、DVDは何度でも再確認ができるという事で
最低でも同じ値段から提供させて頂こうと思っていました。

1ヶ月で25,000円ほどですから、1年間の計算にすると30万円という金額に
なってしまいます。

また、教室に通うにも時間を調整したり、忙しい予定を合わせたりしないといけません。
DVDで自宅学習する事で時間もお金も節約出来て、手話の基本を短期間でマスター
出来るなら高い買い物ではないと思います。

このDVDで自宅で講座を受けるのに近い効果が得られるのです。
いきなりサークルや講座に行くのも一つの手ですが、このDVDで基礎を身に付けられれば、
上達まで一直線で行けると思います。

ですので、DVDの価格は25,000円ほどで考えていました。

ですが、私は手話をもっと多くの人に広めたい、手話を楽しんで学習して少しでも
生活にいかしてほしい。
という願いが前からありました。

毎日の生活に手話がある!そんな自然な形で手話を楽しんでもらいたい!

私には心からそういう想いがあるのです。

そこで、手話講座の第二弾DVD販売開始キャンペーンとしまして、
2日間限定で通常よりもグンと値段を下げ
させてもらいました。


DVD2枚組セットを25,000円 → 2日間限定価格の12,800円
にてお買い求めいただけるようにしました。

カウントダウンタイマー

枚数に限りがありますので、お早めにご注文下さいませ。


ぜひ、この特典も活用して、
短期間で手話をぐんぐん上達できるようにしましょうね!
このDVDを購入して頂いた方のみ参加できる手話交流サイトへ
特典としてご招待します。

「こんな場合はどう表現すればいいの?」
など、疑問に思った事があればどんどん書き込んでくださいね。
会員さん同士の交流の場、情報交換の場として活用してください。
勉強会や手話講座、楽しいお食事会などなど、今後開催する予定が
あるかもしれません。
もちろん参加する、しないは自由ですので、開催するとなった場合は
そのご案内を最優先であなたにお送りします。
開催の場合は会場の都合により人数制限がございますが優先的に
参加できるのでご安心下さいね。
あ行〜わ行までの基本の文字をスラスラ使えるように特典として
指文字も収録されています。

色々と応用が利きますし、これから手話の道へ突き進んでいくなら
必要不可欠なものになるでしょう。
こちらも先ほどの指文字と同じで1桁の数字、百の単位の数字、
千の単位の数字と収録されています。
この数字は毎日様々な所で使いますよね。
「このボールペンを2つください」や「コーヒーを1つお願いします」
など、この部分をマスターすれば実生活や仕事でも役に立つ事間違い
ないでしょう。
マニュアル内容を実際に試してもらい、喜びの声を私まで届けて
いただければ、感謝の気持ちをこめて3,000円プレゼント!
美味しい食事にでも使ってください(^^)
詳しい内容は購入後のメールにて記載されていますのでご確認くださいね。
※特典1,2,5は、登録時のメールアドレス宛に送信いたします。
※特典3,4はDVDの最後に収録されています。

たくさんの人に手話の楽しさを知ってもらいたい。
それが私の願いでもあり使命だと思っています。

ですが、制作側の現実的な問題もあり、
一度にたくさんの枚数を制作していません。100セットのみです。

増刷することも検討してはいますが、不確実な状況です。

ひょっとしたら、初回の100セット分だけで、販売終了になるかもしれません。

決して焦らせるつもりはないのですが、少しでも興味のある場合は、
どうか、なくならないうちに手に入れてくださることをおすすめします。



通常はご注文後、翌日に配送となり、土日祝日を挟みますと
ご注文いただいてから遅くとも次の平日に配送となります。

ですので、お客様のお手元には遅くとも5日以内にお届けにあがる予定です。
はい、問題無いです。
ご注文の際に別途お問い合わせいただければご対応いたします。
はい、特に問題はございません。
このDVDはおもに初心者手話から中級者手話へレベルアップする為のDVDですが、
初心者手話も半分程度収録されている構成ですので、いきなりこのDVDから始めても問題ありませんよ。
このDVDを見たからと言って検定証を貰えるという事ではありません。
ですが、手話技能検定3、4、5級レベルに対応していますので、
きっちりやってもらえればそう難しくなく検定に合格する事も出来るはずです。
ご安心下さい。
あなたのペースに合わせて好きな時に学習して頂くものになっております。
ですので、ちょっとした空き時間に項目ごとにささっと学習する事もできます。
このDVDに収録されているものは日本手話になっております。
また、全国共通の手話に対応しています。
はい。こちらは全く違うものになっております。
以前のワンステップDVD講座は初心者向けになっていますが、今回は主に少し
手話をかじったことがある人、中級レベルにステップアップしたい人向けに
内容を作っております。
今回のDVDは1枚目は初心者向け。手話検定で言うと4、5、6級レベル。
2枚目は中級者向け。手話検定で言うと3、4、5級レベルに対応しています。

見始めると内容に引き込まれて一気に見終わりました。
まず、講師の方々の手話がとても美しくて見易く、魅力的な手話でした。
つぎに、単語についての成立ちが解説されていたので、記憶に残りやすいと
思います。

内容も、実際に会話に使われるものが多いので、コミュニケーションを
始めるための一歩になるDVDでした。

繰り返し見て、正確な手話表現を身につけたいと思います。

今は手話を勉強する目的がぼんやりしていて…谷先生のアドバイスで手話検定に向けて
勉強してみたいな、と思いました。
早速届いたDVDを見させてもらいました!

このDVDは初心者の方から、手話を学んでいる経験者の方まで
楽しく学べるDVDだと思います。

一つ一つの単語がとても詳しく丁寧にわかりやすく説明されているので
理解し易く、応用文章もスッと頭に入りました。

単語の語源まで解説されているので丸暗記ではなく、
生きた手話を学べると思います。

コラムも楽しい内容で、音声を消して読み取りの学習にも利用したいと思いました。

最初から最後まで本当に楽しく学習することが出来ました。
ありがとうございました。
チャプターごとにオープニング・ボキャブラリー・解説、
エンディングと整理されそれが都度明示されているので、
今何をやっているのか理解しやすくよかった。

解説では手話の語源がていねいに説明されているので、
とても覚えやすかった。

谷先生が左利きなので、右利きの視聴者である自分は画面と同時に手話練習を
するのがとてもやさしくできた。
そのことを初めに伝えておくと右利きの視聴者がより安心できるかも知れないと思った。

コラムは、手話のスピードが速く内容も複雑なので、初めは読み取るのが難しい。
これを繰り返し見ることで読み取りの練習になるかなと思います。

正面からだけでなく、時々身体をななめにして手話を見せてくれるので、正面では
見にくい手の形や角度もよく理解できてよかった。

「手話と口形」はろうの人たちとコミュニケーションする上でとても大切であり、
その基本形を初期の段階で練習するのは大変よいことだと思った。

指文字と数字の手話の動画映像は、手の向きを間違えやすいものも正確に練習
できるのでよかった。

講座全体を通してゆっくりと手話をしてくれるので、画面を見ながらプチ手話通訳の
ように言葉に合わせて練習ができ勉強になった。
新潟大学手話サークルLESMAINSの風間と申します。
今回、「谷先生の手話講座」の感想文を書かせていただきました。


講師の方々のひとつひとつの手話がはっきりしていて、
繰り返し行われるので、本や実際の会話では確認しづらい細かい部分も
よく分かりました。

また、解説が丁寧で、その手話の成り立ちなどが分かるのでより印象に
残りやすかったです。
手話の説明だけでなく、間にコラムもあり楽しんで学べるところも良かったです。

このDVDで最も良いと思った点は、「あいさつ」「動作」などの項目ごとに区切って
あるところです。内容が整理されているので、初修者の学習だけでなく、ある程度
手話を勉強し手話検定を受ける際の復習に非常に役立つと思いました。
少し難しいかな、と思っていましたが1つひとつの手話の由来や
ポイントなどがゆっくり丁寧に説明されており、同じ手話を解説や
復習などを含め数回流していることにより、実際に自分でも手話を
行いながら見ることができ、とっても分かりやすかったです。

今までDVDで紹介されていたポイントなどを意識しないで行っていた
ところもあったので、このDVDを参考にして相手に伝わりやすい手話が
できるようにしていきたいと思いました。

ここまで読んでいただいてありがとうございます。
最後に少しだけお話させてください。

私が最後にお話したい事。それは、
「手話は上達すればするだけ楽しくなる言語だ」
という事です。

手話はコミュニケーションツールの一つです。

耳の聞こえない人にとっては手話がないと、
生きていく上で不便な事がたくさんあります。

実際に耳を塞いで1日を過ごして見ると、その大変さが痛いほど分かりますよね。

つまり、耳の聞こえない人達からしてみたら手話は必要不可欠なものなんです。

その手話を自然に使えるようになれば、社会福祉の為になって、仕事の接客等にも生かして、
自分の成長も感じる事が出来ます。

難聴者の人達にとってみれば、あたなは大切な存在になるんです。

手話を使えるということは本当に素晴らしい事ですよ。


手話に接していると、急に楽しくなってくる事があります。
実際、初めて手話をする人はその魅力に取り付かれてどんどんハマってしまうのです。

それは手話には色んな表現の仕方があって、単語の成り立ちを学んだりすると
面白くてますます興味もわいてきて、自然に覚えられちゃうというのもあるかもしれませんね。

「手話を覚えられるか不安・・・」
という人が多いですが、それはただ難しく考えすぎているだけなんです。

手話は難しく考えない、楽しいものです!

実際に私が教えると、
「こんなに手話って簡単だったんですね!」
「もっと早くから初めておけば良かった。。。」
と、よく言われます。

最初の一歩が何事も大事なんです。
また、そこできちんと基礎を身につけられるかどうかでも手話をマスター出来るか変わってきます。

そこでしっかりと基礎を学べて、自分のペースで学習出来る教材があれば
どんどん上達していくはずです。

そのエッセンスを全て、このDVDに収録しました。

初心者がつまずき易いポイントを分かり易く解説して、
実生活で使える色んなシチュエーションをそれぞれ詰め込みました。

私はもっともっと手話の楽しさを分かってもらえたら、と思って
この中級者にステップアップ出来るDVDを作成しました。

あなたも、一緒に手話を勉強してどんどん上達していきませんか?

あなたと私、生徒と先生という間柄ではなくて、これから共に学んでいく仲間として、
是非、一緒に手話を学んで成長していきましょう!